ベースメイクの手順は‘王道’が一番?!

person holding white round ornament
person holding white round ornament

2年ぐらい前、偶然に海外の美容系ユーチューバーの動画で、アイメイクをしてからベースメイクをすると言う一風変わったメイク方法を見たことがあります。

メイクの順番をどのようにするのかは、その人の自由なのだけどプロからすると「何故、わざわざ面倒臭いことをするのだろう?」とクエスチョンマークが頭の中いっぱいに。

アイメイクや眉を描いてからリキッドファンデーションを塗ると、せっかく綺麗に描いた眉毛についてしまう可能性が高くなるし、そうなったら取るのも直すのも面倒くさくなるし・・・。
それにファンデーションを塗る時、眉毛や睫毛につかないように慎重にしなければいけなくなるから時間が余計にかかってしまう・・・。

でも、このような手順は見たことはないから目新しいと言えば目新しい。それに何かしら一考の余地があるのかもしれない。
そこで実際に試してみた。
結論を言うと、やはり前述したような面倒臭さがあったし、いつもより時間がかかってしまっただけ(もしかしたら、この方法は私に向いていないだけかもしれないのだけど)。

そこで私が出した結論は、よほどの理由がないのであればベースメイクの手順は王道でいいのではないかと言うこと。

「王道」には無駄がない

何しろ「王道」と言われていることやものには無駄がない。無駄が省かれていったからこそ「王道」と言われる極地に到達できたとも言える。その一番分かりやすい例を挙げるとしたら「茶道」ではないかしら。茶道の所作には一切の無駄がないからこそ美しい、と言うのは誰でもが感じるところ。

それをメイクに置き換えると、「無駄な動きがないほど時短になるし失敗も低くなる」と言うこと。そして無駄な動きが無けれだ無いほど透明感のあるメイクになる。「透明感」については私の持論なのだけど(笑)。

と言うことで、今回のYouTubeは皆さんから悩みを募った中から「今一度、ベースメイクを教えて欲しい」と言う質問を選んで、私が長年している王道のベースメイクの手順とポイントを説明してみることにしました。

動画中に私が言っている「ハイライト用コンシーラーの塗り方」と「シミや色ムラ、ニキビなどのカバーの仕方」は、それぞれ以下の動画です。いつものベースメイクの参考にしてみてください。