パッパッと簡単仕上げ・アイシャドウの指塗り

アイシャドウを塗る時、基本はチップやブラシなど道具を使いますが、それはもちろん細やかにメイクするため。

でも私は以前紹介したように、目頭の先端にハイライトシャドウを塗る時は中指を使って塗っています。

何故なら、最近のアイシャドウは細やかで粒子がしっとりとつくような質感に進化しているので目頭の先端のように狭い部分を塗る時は案外、指の腹を使って塗った方が自然に塗ることができるからです。

そして、さらに最近では「今日はパッパッと仕上げたいわ」という自分の上瞼のアイシャドウを塗る時も、中指を使った指塗りをするようになりました。

その理由は先と同じように、アイシャドウの質感がより細やかな粒子のものへと変わってきたからです。
使う物が変わると、それに合った道具も変わると言うことですね。

とは言え、この指塗りは上瞼のまつ毛際部分限定の塗り方です。
上瞼全体や下瞼を塗る時は、やはりその広さに合ったブラシやチップを使います。
つまり適材適所で道具を変えると言うことです。

今回は「パッパッと仕上げたい時の指塗り」の方法ですが、これはテクニックというほどのものではなく、失敗しないためのちょっとしたコツと注意点を知るだけで大丈夫。
以下の手順を踏むと、誰でも簡単に手早く効果的に塗ることができますので是非、試してみてください。

またYoutube「アイシャドウの指塗りでパッパッと簡単、メリハリ目元」https://youtu.be/5QG2imgFIyY では、以前紹介した中指で目頭の先端にハイライトシャドウを塗る方法も実演しています。

合わせて是非、ご覧ください!

【塗る順番と注意点】

1.アイシャドウを指につける
指を軽く曲げてシャドウを指の先端の方につけます

2.顎は鏡に対して平行。眉は上げて睫毛際が見えるように
顎を上げすぎると下瞼につきやすくなります。
睫毛の根本が見えるまで眉を表情筋で引き上げましょう。

3.軽く指を曲げながら塗る

4.塗り始めは目尻側の睫毛きわから
ダークシャドウを塗る時は目尻側から。
明るいシャドウを塗る時はどこからでも大丈夫です。

5.目尻と目頭の間の睫毛際を往復
すぐに上の方を塗ってしまうと厚化粧っぽくなってしまいます。
それに睫毛際に色を十分につけることでシャドウ効果は生まれます。

6.濃くつかなくなったら少し上まで指を動かす
一重や奥二重の人は目を開けた時に少し見えるあたりまで。
二重の人は二重のラインより少し下辺りまで指を左右に動かしながら塗ります。
このようにすると指塗りでもグラデーションの効いた自然なシャドウになります。
細やかにではなく、アバウトに大雑把なぐらいの方が上手くいきます。

どうでしょう。

説明をするまでもなく当たり前なことばかりかもしれませんが、ちょっとした勘違いで上手くできていなかったとしたら、とてももったいないことです。
簡単なことこそ今一度、塗り方をチェックしてみてください。