太眉って、実は簡単!

太眉は「基本の描き方」に肉付けをすればOK

今、太く描いた眉が若い女性たちの間では一般的になっていますが、下がり眉になっていたり(あえて‘下がり眉’にしている人も多いようですが)、「怒ってる?」と言うような感じのストレート眉になっていたり、そのために顔が平坦に見えていたりして「ちょっと惜しいなぁ」と思う女性たちも見かけます。

実は太眉とは言っても、描き方はビューティのカテゴリーの過去記事、「眉を描くのは何故、難しいの?」で書いていた「基本の眉の描き方」が基本。それに眉山の下側と眉頭の上側に肉付けをした、つまり描き足したのが「太眉」です。
先ずは眉の基本の描き方を理解して、その上で、どこを肉付けしたら良いのかをイメージしながら描くと、太眉も簡単に失敗することがなく仕上げられると思います。

今回も私のYouTube「#04太眉の描き方」https://youtu.be/vvb_nCrkPMU と合わせて読んで頂けると嬉しいです。
前回の「#03眉の基本の描き方」ではアイブロウペンシルを使って説明しましたが、今回はアイブロウシャドウ、リキッドアイブロウ、アイブロウマスカラの使い方も合わせて説明しています。

「太眉」のプロセス

順番を追ってプロセスを説明したいと思います。
先ずは基本眉を描く

1.眉山から眉尻を描く

2.次に眉山から眉頭までを描く(わからない方はYouTubeの「#03 眉の基本の描き方」を参照してください)

こうして先ずは眉の土台を作ります(YouTubeでは眉シャドウの説明も兼ねてアイブロウシャドウを使っていますが、眉ペンシルでもOKです)。

太眉の肉付けの仕方

太眉にするには眉山の下側をどれくらい太くするか、先ずはそれを決めます。
そこが太いと太眉に。細いほど鋭角的な眉になります。使用するのは一本一本自然に細く描けて、太眉を作る時に欠かせないリキッドアイブロウ。

3.眉山の下側で太さを決めたら、そこから眉尻側と眉頭側に繋げる

4.眉頭の上側を書き足す

5.上のアウトライン(眉頭から眉山まで)と、眉頭の底辺のアウトラインのみをスクリューブラシで軽くぼかす

6.キツく見える場合は眉頭の先端を綿棒で軽くぼかす

アイブロウマスカラで本物の眉に見せる

アイブロウマスカラを使って、3.と4.で太さを書き足した部分を毛流れで覆い隠すように塗ることが自然に見せるためのポイントです。

7.アイブロウマスカラで眉頭は斜め上へ。眉山は斜め下側へと塗り、毛流れをフィックスする

8.マスカラを塗りすぎたり、毛を固めすぎたりした時はマスカラが乾いた後、スクリューブラシで軽くブラッシングすると自然な印象になります。

どうですか?基本の眉の描き方を理解していれば、太眉にするにはどこを、どのように太くしたら良いのかも簡単に理解できたのではないでしょうか。そうすると、「いつも何か違う・・・」と言った悩みもなくなることでしょう。
または、いつもよりちょっとだけ太眉にして、いつもとちょっとだけ違う自分を楽しんでみてください。